改めて

最近、重版出来というドラマを見る機会がありました。

去年あたりにやっていたもので、当時はさらっと見てあまり記憶に残ってませんでした。

漫画の出版会社のテーマで、柔道打ち込んでいた主人公がケガで選手生命を失って、出版社に就職するというものです。

あらすじとしては、編集者や営業などの裏方をピックアップしていて、作家さんだけでなく様々な人たちの協力で一つの本が読者に届くという、漫画が原作のドラマです。

たまたまアマゾンプライムで2話を家族が見ていたところに居合わせて一緒に見てしまいました(笑)

2話はちょうど営業マンが主役の話で、やる気がなかった営業が、主人公の仕事への意識をきっかけに仕事への向き合い方が変わっていくというものでした。

自分も印刷会社で働いてみて、仕事は人との連携で回っているんだと、社会人になってから見て改めて感じます。

見ている方も多くいらっしゃると思いますが、まだの方は面白かったので、おすすめです!自分もまた最初から見直して意識改革をしたいと思います!

以上的場でした。

 

コメント コメントを追加

  1. ISOKEN より:

    印刷とかメディアとか、そんな映画やドラマは見るようにしています。
    先日は、「ザ サークル」っていう映画を見ました。
    SNS企業がネット配信で、主人公を24時間公開しアイドルになり、その後、、ってな話です。
    プライベートも何もない、メチャ怖い話です。
    こんな中に働いていると、ホント自分は小さな存在ですが、大切に間違いのない伝達をしなければと感じます。

  2. hirata より:

    『校閲ガール』といい、最近こういうの多いですね。まだ観たことないので『hulu』で観てみます!
    私なんか人生の内、社会人になってからの方が長くなってしまったので、新入社員時代の気持ちを忘れつつありますが…
    そうですね。仕事って一人で完結することってまず無いでしょうね。
    だからこそ、気持ちの良い挨拶をする、とか、無駄話もしてみる、とか、人間関係を良くすることが基本中のキホンだと思いますよ。
    特に仕事を覚えている最中の新人にはそれが一番大切な仕事では?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です