※左クラリネット 右フルート

以前高校の時に吹奏楽部に所属していた話をしたと思うのですが、僕が吹いていたクラリネットの話をしたいと思います。

皆さんクラリネットと言われて、頭に浮かべることができますか?

部活でクラリネットをやっていた話をしたら、名前はわかるけど見たことない、とよく言われます。

クラリネットは木管楽器と言われている種類の楽器で、皆さんもリコーダーを吹いたことはあると思いますが、実はあれも木管楽器です!

ちなみにサックスもフルートもほとんどが金属なのに木管楽器です!

なぜ木じゃないのに木管楽器といわれているかは、簡潔にいうと音の出し方の違いです。自分の唇を揺らして音を出すのが金管楽器と言われているものです。(トランペットなど)木管楽器は、リードというものを息で揺らして音を出しています。例えばクラリネットやサックスだと木の板を振動させて音を出しています。フルートは木の板を使いませんが、エアリードといって、空気自体をリードにしているから木管楽器なんです!

僕はなぜクラリネットを選んだというと、サックスを選べなかったのも理由なのですが、クラリネットの透明な音と、真っ黒の本体に複雑な模様のような金属フォルムにボタン数!めちゃかっこいいです!!

吹奏楽では、クラリネットは基本的に一番前の席に座っています。目立つはずなんですが、なんで知名度が低いんですかね(笑)

サックスの話をしてからなかなか練習する機会がないのですが、つい先日フルートをやっていた仲間と会って、懐かしくなってクラリネットをまた吹きたい気分になりました!

以上的場でした。

 

コメント コメントを追加

  1. hirata より:

    木管楽器と金管楽器の違い、知りませんでした!
    へぇ~!!!!
    でもクラリネットはどちらかというと親しみのある楽器では?
    子どもの頃『パパから貰ったクラ~リネット♪』ってよく歌ってたし。(これ私たちの世代だけ???)
    そう言えばマツコの番組で「身体がデカイとチューバをやらされる」と言っていましたが、的場君は大丈夫でしたか?(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です