ぬり絵

 

こんにちは。伊藤です。

 

先週の土曜日に、大学の友達と会いました。

久しぶりに会えて嬉しかったこともあってか、お酒の力もあってか、かなり気分がよく家に帰り、そのテンションのまま、なぜかぬり絵を始めました。

そして、気づけば朝を迎えていました。

 

ぬり絵なんて子供がやることと思われがちかもしれませんが、侮るなかれ!

1~2年前から「大人のぬり絵」という本が、本屋さんにたくさん陳列してあるので、流行っていたことは間違いないと思いますし、すごく集中して取り組めて楽しかったです。

 

絶対にきれいにぬってやると思いながらぬった結果、かなり満足するぬり絵ができました!

(制作時間2・3時間はかかっているかと思います。)

さて、どちらが私がぬったものでしょうか?

ひとつはサンプルで、ひとつは私がぬったものです。

サンプルとは、使用した色鉛筆のメーカーが異なるせいか、だいぶ色合いが違いますが、その点に関しては見逃していただきたいです。

 

前回のブログの内容と少しかぶりますが、子供の頃にやっていたこと、好きだったことを大人になってやってみると案外たのしいものです。

大人になっても夢中になってやれることは、子供の頃と変わらないのだなぁと思いました。

 

以上、伊藤でした。

 

コメント コメントを追加

  1. ISOKEN より:

    下がサンプル塗り絵ですね
    当たりかな??

    朝まで夢中になれるなんて、なんて素敵に出来事なんでしょう。
    そんな趣味を2~3つもちたいですね

    1. 伊藤萌 より:

      正解は、上がサンプルです。下は、私がぬったものです!
      頑張ってぬったかいがありました。

  2. hirata より:

    クリエイターへの憧れ、達成感、没入感など、手軽に安価に手に入るものが多くてヒットしているのでしょうね。
    しかしこのタイトル…。また開けてはいけないグレーな歴史の扉に、手をかけてしまいましたね。フフフ…( ̄ー ̄)ニヤリ

    1. 伊藤萌 より:

      なるほど。言われてみれば、私も憧れやら達成感やらを求めて買っていたような気がします。
      駒田印刷の歴史の話おもしろいですね。
      他にもたくさん開けてはいけない歴史がありそうな気がするので、また歴史の扉を開けられればいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です