ミツバチ!

お盆の真っ只中に、家の駐車場でミツバチの大群に遭遇してしまいました!

外に出ようにも駐車場の周りに蜂が飛んでいるので、怖くて外に出られません。

どうしてこんなにいるのかわからなかったので調べました。

ミツバチは春先から夏にかけての時期に、分蜂(ぶんぽう)を行うそうです!

ミツバチの巣は、1匹の女王バチと複数の働きバチで構成されていて、新しい女王バチが生まれると、その巣を新しい女王バチに渡して、古い女王バチは、働きバチをつれて引っ越すそうです。

引越しの最中に一時的にとどまっているだけで、しばらくすると巣をつくるのに適した場所へ移動し、きれいさっぱりいなくなってしまうそうです。

しかしこの大群がいつ出て行ってくれるのやら・・・

テレビで養蜂で煙を焚いて蜜をとる映像が頭に浮かんだので、仕方なく蚊取り線香をしばらく焚いてみたら、どこかに行ってくれました(笑)

あの蜂たちがどこへ行ったか、少し気になりますが、無事に新しい巣を作れるといいなと思います。

以上的場でした。

コメント コメントを追加

  1. ISOKEN より:

    ホント、最近みないですね
    以前は近くの公園やゴルフ場でも見かけたんですが、、、
    でも、トンボはよく見けかますよ(^^♪
    何か自然環境の変化があったんでしょうね
    日常の変化を感じ取れる感性が鈍ってきているんですな
    もっと、高いアンテナを張らなければ、、、
    でも、蜂は苦手です(笑)

  2. hirata より:

    スズメバチじゃなくて良かったですね~(ーー;
    …とは言え、大群となればやっぱり怖いですよね。
    農産物の受粉のほとんどはミツバチの仕事らしいですが、改めて考えてみるとミツバチってそんなにいる?って思います。
    だって日常生活の中でほとんど目にしないような気が。都心部から外れると普通に見つかるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です