歯医者さんからのお知らせ

 

こんにちは。伊藤です。

 

みなさん、自分の歯は大事にしていますか。

この前、歯のメンテナンスに行ってきたのですが、歯医者さんに衝撃的なお知らせをされました。

 

ある一部の歯のみですが、大事にしていないと10年後には、(人工の歯を埋め込む)インプラントやブリッジをしなければならないそうです!つまり、早くて30代で抜けてしまう歯があります。よくもったとしても50代にはダメになってしまうそうです。

 

一部の歯というのは、永久歯が生えてこなかった歯2本です。

永久歯が生えてこないことを、「永久歯の先天性欠如」というようです。

原因はわかりませんが、もともと永久歯がないため、どうがんばっても永久歯が生えてくることはありません。

乳歯は永久歯より弱く、永久歯より早く抜けてしまうので、今ある乳歯を大事に使い続けなければなりません。

あと10~30年ほどで、今ある歯がなくなると思うと切ないです。

 

先ほどは永久歯がない歯の話をしていましたが、実は先天性欠如していたのは、永久歯だけでなく、乳歯も足りていなかったのです。

「乳歯の先天性欠如」ですね…

通常なら合計28本ある歯ですが、数えてみたところ私は上あごと下あご、合計26本です。

下あごの歯が2本足りていませんでした。

いろいろ足りていないですが、歯の本数が足りない割には、歯並びも嚙み合わせもそこまで悪くてよかったです。

他の歯も大事ですが、特に乳歯は大事にしていきたいと思います。

 

将来おいしくご飯を食べるためにも、今ある歯を大切にしましょう!

 

私は来月も歯医者に行くことになりました。

上の歯の裏側の歯磨きがうまくできてないらしいです(笑)

全体をしっかり磨けるようにがんばります。

 

以上、伊藤でした。

 

コメント コメントを追加

  1. matoba より:

    的確では?

    1. 伊藤萌 より:

      間違えました!直します。
      ご指摘ありがとうございます。

  2. hirata より:

    「子どもかっ!」って突っ込みたくなりました(笑)。
    大人になっても乳歯が生えたままの人がいるんですね…!
    実は私も口腔内に異常があって、大学病院に年1くらいで行っています。
    歯が直接悪いわけではないですが、同じように、将来的に厄介なことになるかも、
    と言われているので、かなり一生懸命磨いていますよ。

    1. 伊藤萌 より:

      的確な突っ込みですね(笑)
      近年、割と永久歯が生えてこない部分がある子供がいるみたいですよ!
      小学生の頃に歯のレントゲンを撮ったときに、永久歯がないのは知っていましたが、乳歯のままのリスクは知りませんでした。
      たまに適当に磨いていたりしたので、平田さんを見習って頑張って磨きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です