演劇

先週、大学の先輩が所属しているAct-tortlessという劇団の演劇を見に行きました。

久しぶりに演劇を見たり、先輩に会ったりして楽しかったです。

私自身に演劇経験は、小学校での学芸会くらいで全くないのですが、高校生の時に演劇部の大会を見に行ったりしていました。

大学生になり講義で演劇やシナリオについて学んだり、先生や友人が演劇をやっていたりと何回か見に行く機会があったり、2回ほど原作として話を考えて、脚本にしてもらい公演を行ったりと演劇に関わることが何回かあり、すっかり演劇の面白さにはまっていました。

今回見たのは「ナギノヨル」という公演で、病気の女性と女性の前に現れた死神との切ないけどハッピーエンドで終わるお話でした。

終演後に感動して号泣している人がいたりして、泣けるお話だったみたいなのですが、学生時代に似たようなモチーフで話を書いたことがあったのでこういう終わり方は思いつかなかったなとなぜか納得してしまい私は全く泣けませんでした……途中でうるっときていたので感動はしていたはずです!

先生や友人の演劇は小さな劇場が多いのですが、小さな劇場では客席と舞台の距離が近い(そもそも舞台と客席に境目がないです)ので迫力があり、とても好きです。そして最低限のセットと表現力だけで作り上げていくことがすごいなと思います。

学生や小さな劇団の演劇もいいのですが、大きな劇団(劇団四季とか)の演劇は見に行ったことがないので、機会があれば大きな舞台の豪華なセットの演劇を見に行ってみたいです。

コメント コメントを追加

  1. ISOKEN より:

    私もすきな公演があります。
    「レミゼラブル」です
    今年も、18年3月で営業を終える中日劇場で観てきます。
    配役も以前とどんどん変わっていまっていますが、
    いつも感激し元気をもらっています。

  2. hirata より:

    私は無類の中島みゆきファンでして、毎回『夜会』という舞台を観に行っています。
    コンサートでもミュージカルでも演劇でもない、まったく新しい舞台なんですよ。
    東京か大阪でしか公演がなく、しかもチケット代が20,000円と高額!往復の交通費、宿泊費を足すと1回観るだけでなんと50,000円も!(泣)
    それでも見逃せない舞台なんですよね~。毎回号泣して帰ってきます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です