3日でつくる!

こんにちは。伊藤です。

 

最近、買い物に行くと梅などを漬けるための瓶や梅の実をよく見かけるようになりました。

梅酒や梅シロップをつくる時期だということがよくわかります。

 

私はお酒の中でも梅酒は特に好きなので、いつか自家製梅酒をつくろうと考えているのですが、まずはためしにホワイトタカラさんの「果実酒の季節 mini」(およそ400円)を使って3日でつくるカンタン果実酒に挑戦しました!お酒が入った状態で売られている瓶に、グラニュー糖と果物を入れて1日1~2回ほどかき混ぜて3日間漬ければ完成です!

 

私は、ホームページで紹介されていた5~6月のレシピのキウイを約1週間くらいは漬けていました。もしかしたら、熟成させすぎだったかもしれませんが、できたものを炭酸水で割って飲んでみたところ、ちゃんとキウイの味がしておいしかったです。

 

たまにしかお酒は飲まないのですが、自分で漬けたお酒だと思って飲むと、よりいっそうおいしく感じました。

ただ、漬けすぎたせいか果肉にお酒の味がしみすぎてしまっていて、お酒の味が強いキウイに仕上がってしまいました。ちょっとお酒の味がきつすぎて、キウイの果肉をおいしくいただけなかったので、やはり3日間漬けるのがベストではないかと思います。

 

 

ホームページで季節の果物を使ったレシピが紹介されているので、季節に合わせてお酒を作ってみるのも楽しいと思います。果実酒が好きな方やあまり市場には出回っていない果実酒を飲みたい方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

以上、伊藤でした。

コメント コメントを追加

  1. ISOKEN より:

    私は焼酎で割るのではなくて、「ウイスキーと青梅と氷砂糖」これが結構美味しいです。ちょっとアルコール度数は高いですが、、(笑)

    1. 伊藤萌 より:

      私はおそらくウィスキーは何かで薄めないと飲めないですが、想像するとかなりおいしそうだなと思います。
      いつかやってみたいです!
      飲むときは絶対に家で飲みます(笑)

  2. hirata より:

    経済成長が停滞している今、生活の中のちょっとしたことを工夫して楽しく暮らす、という動きが活発だと思います。
    バブルの頃のような「非日常」に浮かれるのではなく、「日常」を楽しくする。そういうことが得意なのはやはり女性ですよね。
    男は生活に密着出来ていないので、楽しむポイントを見つけることすら出来ていない人が多いと思います。
    あれ?でも女性はあの時代も十分謳歌していたような…。結局いつの時代も女性がリードしているのかな?

    1. 伊藤萌 より:

      その視点はなかったです。たしかに女性はお店のポイントを集めたり、キャンペーンのシールを集めたりするのが好きな方も意外といますね。
      私から見ると、男性は男性で女性より趣味に力を入れる方が多いように思うのですがどうでしょう?
      日常生活を通して楽しみを見つけるというよりも、熱中できるものをみつけるのが得意なのが男性ではないでしょうか。
      あの時代のことは詳しくわかりませんが、きっと男女ともいつの時代でもそれなりに謳歌しているのではないかなと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です