カルチェラタン

こんにちは。伊藤です。

市営地下鉄の今池駅から徒歩1分ほどの距離に、「カルチェラタン」というお店があります。

カルチェラタンの意味が気になったので、ネットで調べたところ「カルチェラタン」は、パリの地名のひとつであり、「カルチェ」は「地区」、「ラタン」は「ラテン語」という意味のようです。昔、学生たちが当時の学問や教会における国際共通語であったラテン語で会話したことに由来するそうで、学生街として有名な地区のようです。

 

話が少しそれましたが、日曜日にそのお店を訪れました。

このお店は、一つの建物の中で絵画教室やレストラン、カフェを経営しています。「咲楽」という地域の情報誌の中で、体験レッスン無料クーポンを見つけたので、挑戦してみようと思い参加してきました。

 

講師の先生に教えてもらいながら水彩を使って描いたのですが、この通りなんとも微妙な仕上がり(笑)

 

何に見えますか?

干からびたトマトにも見えますが、ホオズキを描いたつもりでした。

 

 

自分の思った通りに描くのは、思っていた以上に大変で、考えたデザインや構成を形にすることを日々行っているデザインの部署の方はすごいなと思いました。

 

(絵画教室の月謝がとても高く、私には手がとどきそうにないので)これを機に水彩を独学でがんばってみようと思いました。

デザインだったり、色の勉強になったら願ったり叶ったりだと、ちょっとだけほくそ笑んでいます。

 

 

ちなみに「咲楽」は、WEBで無料で読むこともできますよ!

地元の情報収集にぜひ活用してみてください。

クーポンもたくさんついてますよ。

http://www.sakura-world.net/portal/

 

以上、伊藤でした。

コメント コメントを追加

  1. ISOKEN より:

    パッと見で「ほおずき」と分かりましたよ(^_-)-☆

    「カルチェラタン」と聞くと、宮崎吾朗の映画『コクリコ坂から』の部活寮を思い浮かべます。活力と真っすぐな行動を思い浮かべます。 まだまだ、こんなひたむきで元気でありたいです(笑)

    1. 伊藤萌 より:

      ほおずきとわかっていただけて、よかったです!

      私もすぐに『コクリコ坂から』を思い浮かべました。
      私は、学生たちのパワーに驚かされましたし、「カルチェラタン」というごちゃごちゃした彼らの巣のような空間にとても魅力を感じました(笑)
      大掃除をする前のあの場所に足を踏み入れてみたかったです。

  2. TAGUCHI より:

    上手ですね。でもそれ以上に、伊藤さんの旺盛な好奇心と行動力に感心しました。

    1. 伊藤萌 より:

      お褒めの言葉ありがとうございます!
      社会人になってから、自分のやりたいと思ったことをもっと積極的にやってみようと思うようになりました。
      自転車で片道約40分こいで行ってきたので、家に着いたときにはへとへとでした(笑)

  3. hirata より:

    絵、上手ですよ!ちゃんとホオズキに見えますよ!

    最近こうした習い事って凄く流行っていますよね。
    私も『プレバト才能ランキング』が好きで毎週観ているのですが、
    ゴールデンでああいう番組が成り立つっていうことは世の中がそういう「気分」になっている証拠ですもんね。
    経済状態、人口構成比、消費マインド、就労環境…などなど、
    諸々の事情が多くの人を自己啓発の方向に向かわせているということだと思います。
    みんな「自己実現欲求」が高まっている、ということですよね。
    こういうところにもビジネスチャンスが転がっていそうです。

    1. 伊藤萌 より:

      ありがとうございます!そう言ってもらえると励まされます。

      私も社会に自己啓発の方向に向かわせられた一人なんですね。
      こう思うと、いいように転がされてるなぁと思いますが、変わるために行動することは悪いことではないと思うので、存分に時代の流れにのっていこうと思います。
      物事をビジネスと関わらせて考える習慣がついていないので、社会人としての嗅覚を養っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です