お気に入りの本はなんですか?

こんにちは。伊藤です。

先週、投稿していなかったので、今週は2回投稿します。

 

突然ですが、お気に入りの本はありますか?

棚に置いてある本がたまたま目に入ったので、私のお気に入りの小説を紹介します!まだ梅雨の時期には早いですが、雨で出かけるのがおっくうな日に暇つぶしに読んでみてはいかがでしょうか?

(ただし、雨で沈んだ心を明るくしてくれるような内容ではないと思うので、その点には注意してください。)

 

森見登美彦『夜行』

大学の友達が面白いと話していたので、貸してもらったところ、面白くて一気に読んでしまいました。

各章、旅先で不思議な出来事に出会うという物語で読者がおいてけぼりになってしまうと思います。ですが、それがまた続きを読みたくなる要因でもありました。最後まで読んで、もう一度あの場面を読まなければ!と思いましたし、好きなものは手元にないと気がすまないので買いました。

 

私がこの本を気に入ったのは、物語の内容だけでなく本の装丁が凝っていたからという理由もあります。

写真ではわかりにくいと思いますが、表紙の著者とタイトルの文字がちょっとぼこっとしていて、かっこいいです!(うまく説明できていなくてわかりにくいですね。申し訳ないです。)

カバーをとると、このようになっています。

紺色の紙に銀色の文字!

どストライクです。

文庫本が発売されたとしても、ハードカバーで買うことをおすすめします。

 

この投稿を読んだだけで、伊藤が表紙買いをする人物だということが推測できそうですね!

最近は、朝起きてから読書をするようにしているので、よかったらおすすめの本を教えてください。読むのは遅いですが、コツコツ読もうと思います。

ホラー系は苦手ですが、他のミステリーや自己啓発本ならなんでも読みますよ!

 

 

コメント コメントを追加

  1. hirata より:

    この表紙の加工、おそらく「UV厚盛」加工ですね。本が売れない時代なので、出版社もあの手この手でアピールしてるんでしょうね。
    あまりにヒットし過ぎて今更ですが…、この10年、いや多分”自分史上最高“とまで言いたいのは『嫌われる勇気』です。目から鱗、数百枚は落ちたと思います。
    発売から3年以上経ちますが、いまだにこの本の読者仲間である友達と「人生について語る(笑)」とき、必ず互いにこの本から引用し合っています。
    Amazonのブックレビュー数が他を圧倒する量であるところを見ても、この本から刺激を受けた人が多いことがよく解ります。

    1. 伊藤萌 より:

      出版社の思惑に見事に引っかかってましたね・・・。ですが、私が本を買うことで著者を応援できるなら、表紙買いしても悔いはありません(笑)
      『嫌われる勇気』さっそく買いました!
      うちのチームでは、ビジネス書を1か月に1冊読むように言われているので、『嫌われる勇気』を1か月の間に読み切りたいと思います。
      今、最初のあたりを読んでいるのですが、考え方次第で人は変われるのだなと感心しました。様々なことを見る角度を変えてみたら、楽に生きることができるかもと思うことができました。
      お気に入りの本、教えていただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です