花見の変化

桜が咲き、お花見シーズンになりました。

桜の満開予想は、3月28日だそうです。

お花見について、エア花見というものがあるのを最近知りました。

エア花見とは、プロジェクターで桜の映像を映して室内で花見をすることだそうです。

花見に行きたくない理由として、「花粉症で長時間外にいるのがつらい」「寒いから」などがあり、室内での花見が行われるようになったみたいです。

私は外で自然に咲いている桜を見ることに意味があるのでは……?と思うので、このエア花見を行う意味というものが少しわからないのですが、行事として花見を行う人達にとっては、場所取りもしなくていい、天候に左右されないという点で需要があるのだなと思いました。

枝垂桜の咲いているところが歩いて行ける距離にあるため、もうすぐ満開・四季を感じるということで、土日に天気が良かったら散歩がてら見に行こうかなと思います。

コメント コメントを追加

  1. hirata より:

    私もテレビで「エア花見」というものがあるというニュースを観ましたが、まったくもってバカげた話ですよね。
    そこまで「行事」って大事ですか?と断固言いたい!w
    そんな飲み会なら要らない!(-o-;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です